病院のこと 看護

知っておきたいコロナウイルス感染症の情報

新型コロナウイルス感染症について

中国武漢市から発生したとされる、コロナウイルス感染症(covid-19)
看護師として知っておきたい最新情報をまとめてみます。

※コロナウイルスの情報は日々変化していますので、鵜呑みにしないようお願いします

エキスパートナース5月号の記事を参考にしました

 

コロナウイルス感染症の致死率はどのくらい?

中国の統計から計算されたものによると、
コロナウイルスの致死率は2.3%だそうです。
全体的に50歳以上から致死率の上昇が見られています。

年齢別にみた新型コロナウイルス感染症の致死率

0~9歳 :0%
10~19歳:0.2%
20~29歳:0.2%
30~39歳:0.2%
40~49歳:0.4%
50~59歳:1.3%
60~69歳:3.6%
70~79歳:8.0%
80歳以上:14.8%

今回の新型コロナウイルスの致死率は
重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)より低い数字になっているようです。

 

新型コロナウイルスの病態・症状の経過について

新型コロナウイルスの潜伏期間は約5日で、最長で14日間程度とされています。
濃厚接触者が14日の自宅待機・・・と報道されているのは、その基準からきています。

新型コロナウイルスは無症状や軽症の時期が長く、感染しても発症しないケースもあります。

入院時に発熱を認めたのは全体の約44%であり、
入院後に発熱が見られたのが約89%というデータもあります。

 

新型コロナウイルスの症状

症状は

  • 発熱
  • 筋肉痛
  • 倦怠感
  • 呼吸困難感

に加えて、

  • 頭痛
  • 喀痰
  • 血痰
  • 下痢
  • 味覚障害
  • 嗅覚障害

の症状がある人もいるようです。

呼吸困難感がある人は肺炎を合併している可能性があります。

 

重症化する要因

状態の悪くなる人は、感染して10日前後から重症化し、一気に悪くなります。
重症化しやすい要因として

  • 高齢
  • 循環器疾患
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喘息
  • COPD
  • がん
  • 免疫不全
  • 人工透析中の患者

などが報告されています。

 

新型コロナウイルスの治療薬

現在、新型コロナウイルスの治療薬として検討されている薬もあります。
報道でも「アビガン」の名前をよく聞くと思いますが、実際に使って効果が見られているものもあるようです。

日本で検討されている治療薬

  • アビガン(ファビピラビル):インフルエンザ治療薬
  • カレトラ(ロピナビル):HIV感染症薬
  • オルベスコ(シクレソニド):気管支喘息
  • ナファモスタット(ナファモスタットメシル酸塩):膵炎・DICなど
  • カモスタットメシル酸塩:膵炎・逆流性食道炎
  • レムデシビル:エボラ出血熱
  • プラケニル(ヒドロキシクロロキン硫酸塩):全身性エリテマトーデス

特効薬はなく、抗ウイルス作用が期待できる薬を試している状態のようです。

 

新型コロナウイルスは治るのか?

治療方法はまだ確立されていませんが、治っている人もたくさんいらっしゃいます。
毎日、ネガティブなニュースで辟易しますが、決して治らない病気ではありません。

ただ、軽症な人が感染を広め、基礎疾患などを持つ人が重症化するという流れがあり、
今はそれぞれ生活を制限しながら、予防に努めている状態です。

-病院のこと, 看護

Copyright© 看護師ブログ カンゴノオト , 2020 All Rights Reserved.