病院のこと 看護

看護師シューズ(ナースシューズ)のオススメ5選~疲れにくい・蒸れない

ナースシューズのオススメ

私は看護師になって20年になります。

今まで色んなナースシューズを履いてきました。

色んなシューズを履いてきて、「強い」「汚れにくい」
「疲れにくい」「通気性が良い」「安い」ものを買いたいと常々思います。

「合う、合わない」は人それぞれで、「履いてみないとわからない」というのが
ナースシューズの悩みどころです。

今日はナースシューズのオススメポイントをまとめて書いてみようと思います。

 

ナースシューズの選び方

まず、大きく分けて「靴タイプ」と「スリッポンタイプ」があります。

一時期「クロックス」などのスリッポンタイプが流行りましたね。

 

最近は「靴タイプ」が主流となっています。

私はスリッポンタイプは履いたことがありませんが、
スリッポンタイプが流行った時、現場で働く看護師の意見は・・・

・意外と臭くなる
・足が疲れる
・走りにくい
・滑る
・穴が空いているものは針や血液が落ちてくると危ない

というスリッポンタイプには批判的な意見が多かったです。

スリッポンタイプのメリットとしては

・洗いやすい (→実際には洗わないことが多いのですが・・)
・軽い

という点です。

 

一方、「靴タイプ」は

・蒸れやすい
・物によっては足が痛くなる

というデメリットがある一方で、

・疲れにくい
・安全
・抜けにくい

というメリットがあります。

 

 

ナースシューズはつま先がガードされているものを選ぶ

病院からも指導があるかもしれませんが、
最近のナースシューズは「つま先がガードされているもの」を指定されます。

針が落ちてきて刺さったり、血液が飛んだり・・・
便で汚染されたり・・・

と、感染面のリスクを最小限にするために、つま先のガードは必須です。

看護師は思わぬことで感染するリスクを抱えています。
自分自身を守るために安全なシューズを選びましょう。

 

 

ナースシューズのオススメ5選

病院の規定に指定がなければ、何でも良いと思いますが、
基本的に「白」が違和感なく良いと思います。

ナイキやプーマ、アディダスのシューズを履いている人もたまに見かけます。

ただ、ナイキやアディダスなどの普通のスポーツシューズは蒸れやすいのが欠点です。

室内用に作っていないので、底が厚く、通気性があまり良くありません。

靴自体は長持ちしますが、こまめに洗わないとすぐに臭ってしまいます。

 

1位:<天使のナースシューズ>超軽量パンチングマジック

風通る軽量ソールになめらかな質感のやわらか人工皮革使用!
美脚インヒールのプレミアムシューズ

ナースシューズ

 

ソールの厚みと表面の安全性、質感、通気性
全てにおいて安定の1足!

 

アンファミエで販売されています。

看護師向け通販【アンファミエ】

 

2位:<アディダス> FALCONRUN

軽く柔軟なクッショニングがパフォーマンス性を高めて
疲労軽減効果も期待できるシューズ!

<アディダス> FALCONRUN

 

シューズブランドの安定性がウリです。

こちらもアンファミエで販売されています。

 

看護師向け通販【アンファミエ】

 

 

3位:消臭クッションスポーティシューズ

クッション性と消臭性を高めたシューズ

ナースシューズ

 

ナース専用ショップ ナースリーで販売中です。

 

ナース専用ショップ ナースリー

 

4位:ナースシューズ パーフェクトエアプラス(NEW面ファスナー)

面ファスナー付きでサイズ調整が可能。
夕方からのむくみにも対応できるシューズ。

ナースシューズ

こちらも「ナース専用ショップ ナースリー」で販売中です。

 

ナース専用ショップ ナースリー

 

5位:アシックス ナースウォーカー202 (for women)

アシックスブランドのナースシューズ。
シューズメーカーならではのシッカリした作りがウリ。

ナースシューズ

ニッセンオンラインで販売中です。

ニッセンオンライン

 

ナースシューズの価格

ナースシューズの価格は2000円~4000円くらいが平均的な値段です。
品物にもよりますが、6ヶ月~10ヶ月程度で書い直すことが多いです。

毎日履くものですから、1年以上使うと見た目にも汚れが目立ちます。
一年を超えると買い直しをオススメします。
(洗うと意外とボロボロになるものです)

色んなナースシューズを試すのもよし、一つのナースシューズを
何度も買うのもよし。

自分に合ったシューズで、仕事を乗り切りたいですね!

 

 

↓↓↓ナースシューズに関連した過去の記事はこちら

ナースシューズを新調しました

 

 

-病院のこと, 看護

Copyright© 看護師ブログ カンゴノオト , 2020 All Rights Reserved.