未分類 看護 看護知識

いち看護師から見たコロナウイルスについて

新型コロナウイルスについての情報が飛びかっていますね。

コロナウイルスは特効薬の無い怖いウイルスと思いますが、医療関係で勤めている私としては、「コロナウイルス」よりも、メディアの過剰な報道による社会の反応のほうが怖い・・・と感じます。

「大きな病院に行けば大丈夫・・・」と思ってしまう方が多いのではないかと懸念しています。

コロナウイルスはワクチンなども存在せず、現在特異的な治療はありません。
肺炎を合併した際には「肺炎の治療」を行います。

また、インフルエンザのようにすぐに結果が出る検査は現段階ではなく、PCR検査という方法で行い、時間・手間ともにかかる検査です。(結果が出るまで6時間~9時間)特定の保健所などでのみ行える検査です。

8割の軽症患者さんはそのまま治癒(発熱・咳・倦怠感の症状がメイン)
2割程度の方は1週間くらいで肺炎症状(呼吸困難感・痰が増える)が増悪し、人工呼吸器管理が必要になることもあります。

致死率は2%程度とされています。

 

日本環境感染学会から「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」というのも発刊されています。

http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide1.pdf

ここにも記載されていますが、法律上の規定で、MERS(中東呼吸器症候群)やSARS(重症急性呼吸器症候群)と同じ2類感染症で、患者を見つけた医師は報告義務があり、都道府県知事は患者に入院を勧告し、強制的な入院措置が行われます。

いろんな情報が飛び交っていますが、まずは予防が大事です。
手洗い・うがい・清掃(触った所を丁寧に拭き掃除する)、人混みに行かない・・・が大事だと思います。

最近、「検査をやる・やらない」の議論がなされていますが、「検査をやってもやらなくても治療方針は変わらない」というのは事実です。対症療法でしか対抗できません。

ただ、「感染拡大を防ぐ」という視点ではありかな・・・と思います。

ただ、やっぱり何より

・手洗い(一番大事)
・マスク(他人に広げないために+喉の保湿)
・睡眠(免疫力を高める)

という子供でも出来る基本的なことをサボらずやるってことでしょうね。

 

-未分類, 看護, 看護知識

Copyright© 看護師ブログ カンゴノオト , 2020 All Rights Reserved.