「出会い系」は古い!?若者は「マッチングサイト」!

先日、若い人と話している時に、「出会い系」の話になりました。

私の若い頃は「ねるとん」や「あいのり」が流行しましたが、(古い!?)
最近は「インターネット」なんですね。

少し前まで「出会い系サイト」なんて言われていましたので、何となく「騙されそう」とか「変な男しかいないのでは」と思っていました。

最近の若い人は「マッチングサイト」という言語を使います。

どう違うのか良くわかりませんが・・・(汗)

 

話を聞くと、「条件を色々と入れて、自分に合った人を探せるので楽しい」という事でした。
しかも、それにより彼氏ができたと言うのです。

「怖い」とか「騙される」という話は過去のものになっているのでしょうか?

 

何となくスマホのゲーム感覚で楽しんでそうな若者を見て、少し怖いとも感じてしまいましたが・・・
時代の流れなのでしょうね。

インターネットにもたくさんのマッチングサイトのバナー広告をよく見ます。
気がつけば身近なものになっているんだな・・・と時代の流れを感じた次第です。