抗血小板薬と抗凝固薬の違いって何か知ってる?



血栓には動脈血栓と静脈血栓がある

動脈血栓は血液の流れが非常に速い血管で発症します。
赤血球などは早い血流に流されるため血小板が主体の白色血栓(血小板血栓)となり、抗血小板薬が使用されます。

一方、静脈血栓は血液の流れが遅い、あるいは滞っている血管で発症し、 フィブリンが主体の赤色血栓(フィブリン血栓)となります。

こちらにはフィブリンに作用する抗凝固薬が使用されます。

 

例えば、心原性脳梗塞はフィブリンが主体の赤色血栓であるために抗凝固薬が使用されます。

 

動脈血栓で用いられる抗血小板薬にはバイアスピリン、バファリン、パナルジン、プラビックス、プレタール、アンプラーグなどがあります。

 

静脈血栓で用いられる抗凝固薬には、ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナなどが用いられます。

 

 

休薬について

薬剤の休薬期間は 症例ごとに異なりますが、抗凝固薬は出血性合併症の予防のために中止することが多く、抗血小板薬は術後のステント血栓症を防止するために投与を続けます。