誤嚥性肺炎~エキスパートナース10月号



エキスパートナース10月号を読みました

今月の大きな特集は

●仕方なくない!院内誤嚥性肺炎

●「これ、せん妄?」と思ったときの対応とケア

です。

いずれも「高齢化社会」によって、一気に増加している症状についてまとめられています。

誤嚥性肺炎を予防する具体的な方法~考え方。

離床のすすめるタイミング、なぜ高齢者は食事量が低下するのか!?その対策は!?

など、高齢者の特徴を踏まえてまとめられています。

 

せん妄については「DELTAプログラム」を取り入れた熊本赤十字病院の活用法について書かれており、いずれも臨床ですぐに使える内容でした。

 

日々、高齢者の合併症と戦っている自分たちのケアは、本当に正しいのか否か確認ができます。
高齢になれば予後も長くありません。

その中で、どれだけ早期に回復させる事ができるか・・・?

そこを考えていないと、私達自身も辛い思いをしながら仕事をやらなければなりません。

高齢者ケアの中で、誤嚥性肺炎とせん妄は避けて通れない部分です。

正しい知識を用いれば、私たちのケアはもっと楽になるし、ドンドン余裕が出てくるはずです。
知識がある看護師と無い看護師では時間の流れが変わってきます。

 

そして、「当たり前」「知っている」という知識だけでは何も変わりません。
実践で活かしてこそ現場は変わってきます。

一つでも多く取り入れて、現場の看護が楽になるように試してみようと思います。

すごく分かりやすくまとめてあるので、そのままレポートや教育にも使えそうです。
オススメです。