エキスパートナース4月号の感想



エキスパートナース4月号は最新情報のオンパレード!

気がつけば4月号って・・・(汗)早いものですね。
エキスパートナース4月号が届きましたので早速読んでみました。

4月号はどこの雑誌も力を入れるので、購入するにはオススメです。
昨年に続き、今年も4月号は心電図の特集からスタートでした。

エキスパートナースらしい記事でまとめられており、図で理解できる作りになっていました。
心電図が苦手・・・という看護師は多いのですが、こういうわかりやすい記事があると本当に助かります。

心臓で何が起こっているか?というのが手に取るようにわかります。

 

しかし、今回のエキスパートナース4月号で私がオススメする特集は『なぜこの時この検査?この画像?』です。

  • 血ガスとSpO2で何をみているのか? P/Fの説明も書かれていて良かったです。
  • 出血時のHgbやHtの動き
  • 回復術後のBil検査の意味
  • 高エネルギー外傷時の考え方
  • 初発痙攣のCTは造影で撮る
  • リフィーディングシンドローム

など(まだまだありましたが)臨床でよく見る症状や検査が上手くまとめられていました。
このまま勉強会などに使えそうな物ばかり!

頭の中の整理にもなりましたし、同時に「よし!やるぞ!」というやる気にさせてくれました。

 

更に、おまけはエキナスminiという小冊子。

以前の特集がギュッと小さくなってまとめられています。
つまり、過去に買っていない人も、特集をお得に読めちゃうわけです。

最近はインターネットで検索してそのまま・・・という人が増えていますが、これでは頭に残りません。
賢い人は気づいていると思いますが、「アセスメント」を実践するには色んな「つながり」に気づく必要があります。

雑誌にはそのつながりの答えがビッシリと書かれてあるので、頭の中がスッキリとまとまってくる感覚があるのです。

 

さて、いよいよ4月。

新しい勉強をはじめるにはもってこいの時期です。

エキスパートナース4月号、手元に持っておくと何かと役に立ちます。

 

エキスパートナース4月号