看護師なら読んでおこう!エキスパートナース4月号



エキスパートナース4月号を読みました

看護師の皆さんこんにちは。

エキスパートナース4月号、読みましたか?

DSCF6323

今月の特集は「心電図」です。
心電図は看護師にとって永遠の敵!・・・ではなく、永遠のライバル(←言ってる事同じ)
なかなか手ごわい相手ですよね。

本屋に行くとたくさんの心電図の本が置いてあります。

しか~~し!

結果的に「全部覚えるなんてムリ」「どれも同じに見える」という人が続出しています。

 

エキスパートナース4月号はそんなあなたの為に、要点を押さえました!という特集です。

DSCF6321

・基本的な洞調律の考え方~頻脈・徐脈の定義。
・期外収縮の意味
・細動系
・ブロック系

房室解離やQT延長まで・・・

それぞれ「定義」が明記されており、
現場でこれだけ知っていれば十分という内容になっています。

DSCF6322

心電図を知っている人は買わなく良いと思います。

ただ、苦手な人は一度読んでおく事をオススメします。

しかも、ほんの内容がカードになって付録として付いています。

ベッドサイドで「あ~~本に書いてあったけど、何だったっけ?」という時のためにポケットに入れておけば復習しながら勉強できます。

そして、中盤には心臓の雑音について特集が組まれています。
普通の心電図の本と違って、「現場ですぐに使える特集」になっているという点が良いですね!

 

後半は看護テクニック「ベテランのコツ」です。

・SpO2は100%で管理しない

・NPPVの効果の判断は「●●」と「●●」でする(詳しくは雑誌を見てね)

・ドレーンの管理はここを見る

など、当たり前のハズなのに知られていない(だろう)という内容が満載です。