病院の初診料が高くなるわけ



病院の初診料が高くなる?

診療報酬改定により、4月1日より紹介状のない大病院の受診は5000円以上の定額負担が求められるようになりました。

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_s

簡単に言えば、500床以上の大きな病院は、救急外来などを受診すると最低でも5000円以上(5000円以上なら病院が定めて良い)かかるようになりました。

これは厚生労働省から義務化されたもので、病院が儲かる・・・云々の話ではありません。

国が推し進めているのは「かかりつけ医」による地域連携医療です。

しかし現実にはこれはあまり進んでおらず、昔からの流れで患者が大病院に集中する傾向にあります。
つまり、患者さんからすれば「初めから大きい病院に行けば安心」という事です。

確かに、大病院は機材が整っているので、検査や処置は早いです。

しかし、人の集中により、労働者の負担や本当に重症者をすぐに助けることができない事態も起こっています。

こうしたコンビニ受診による「一点集中」を防ぐために取り入れられたのがこの定額5000円以上の制度。

 

風邪やインフルエンザなど、入院しなくても良い程度の軽症なら地域の医療機関に行ってね・・・という事です。

さて、これにより病院の初診料はかなり上がります。

小児(診察料・薬のお金はタダ)であっても、初診なら5000円以上取られるようになります。
成人なら8500円以上だと聞きました。(それに薬が出たらプラスされる)

もう気軽に大きな病院なんてかかれませんよね。

 

病院側もそのクレーム対応に右往左往しています。
受付で初めに説明し、他の地域の病院を勧めるか、お金を払ってもらうか聞かないといけません。
納得されずに払わなければ後ほど請求書を送ることになります。

色々と波紋を呼びそうな感じですが、病院も上手に使う時代が来たようです。

結果的に救急の大病院は患者さんが減って縮小する・・・という方向に向かうのかもしれませんね。

老人が増えて国のお金が足りないからこうやって少しずつ削っているんだろうな・・・と思います。

そして、重症になってから大病院にくるんでしょうね・・・

う~ん・・・何とも言えない気持ちになります。