看護師教育~教え方の4段階

看護師教育教え方の4段階



看護師教育教え方の4段階

新人看護師教育にも使える教え方の4段階

経験を通じて仕事を教えるには、教え方の4段階を使うのが良いと言われています。

つまり、「準備する」「説明する」「任せる」「結果を見る」の4段階です。

 

教え方の1段階~「準備する」

・プリセプター自身が「何を、いつまでに、どのレベルまで」指導するのかを確認する。
・学習者の緊張をときほぐし、業務、学習の準備をさせる
・「何を、いつまでに、どのレベルまで」行うか説明する
・評価表や口頭で、すでに知っていることや身に付けたことを確認する。業務や学習に主体的になれるよう、動機付けをする。
・最後に、再度自己の安全や準備の確認をさせる

 

教え方の2段階~「説明する」

・学習する業務の全体像をイメージさせ、知識を系統的に覚えられるように説明する
・プリセプター自身が実際にやってみせる
・ポイントを強調する
・理解できていない様子があれば、繰り返し説明する
・面倒がらずに、丁寧に、根気強く指導する

 

教え方の3段階~「任せる」

・学習者に実際にやらせてみる
・最初は手順やポイントを説明しながらやらせる
・慣れたら、新人の主体性を尊重し、危険な状況が無い限りできるだけ任せる
・間違いやあいまいにしている点を指導して、もう一度任せる
・相手のレベルに無理があると思ったら、今回はどこまでにするかを明確にして、次回のテーマとして伝える

 

教え方の4段階~「結果を見る」

・指導した業務の「よくできた点」「努力が必要な点」を整理する
・よくできている点・頑張った点はほめる
・まだできていない点を明確にし、なぜなのかを新人と考える
・完全に身につけられるまで頑張れるように励ます
・再度、業務に就かせる
・フォローをする