看護師よ!OJTとOFF-JT、SDを知ってるか?

看護師のOJTとOFF-JT



看護師のOJTとOFF-JT

看護師の人的資源管理と能力開発

皆さんこんにちは。

看護師の教育はOJTで!

ここ数年、よく言われているOJT・・on the job Trainingの略なんですが、ここで少し整理をしておきたいと思います。

 

OJT(on the job training)

経験を通して自信を身につけ、さまざまなケースを体験するなかで知的技術を磨く

実際には、仕事の現場やカンファレンスでの事例研究、看護研究をさす。

一般的に一対一の指導体制

担当は職場の先輩や上司

 

Off-JT(off the job training)

職場の内外にある知識を効率よく習得させることができる。器具の操作方法などの機械的動作を確認するときにも有効

仕事から離れ、落ち着いた環境で学習する。ただし、学習の最中に呼び出したり、仕事の都合で途中から参加するなどでは効率は上がらない。

一人の指導者に対して多数の受講生が設定される。

人事担当、教育担当者が企画・運営してレクチャーする。

 

SD(Self development:自己開発)

自己価値や強みに焦点を当てて、「生涯」という長期的な視点でどのような貢献を通して自分らしい仕事人生をデザインしたいか」を尊重した能力開発をする。

人生のビジョンに向かって行う行為は全てSDの場と考えることができる。

読書・ボランティア活動・自ら主体的に受講するOFF-JTもSDとなる。

学習目的をもつのも、目的や達成方法を選択するのも全て自分自身が責任を持って取り組む。サポーターやコーチも自分でチョイスする。

 

仕事のパフォーマンスを上げるにはこの3つの手法が大事

仕事のパフォーマンスを上げるには、この3つの手法はすべて必要と言われています。

どれ一つ欠けてもパフォーマンスは上がりません。

 

OJTで学んで、OFF-JTで学んでも、SDが欠けていれば一時的なパフォーマンスの上昇でしかありません。

看護師は生涯学習しなければなりません。

それを忘れている人が非常に多い。

当然のことですが、「勉強しない日の方が少ない」はずです。
毎月専門誌を読んで、月に数冊本を読んで、勉強会に参加もしくは自分自身が勉強会を開いて・・・勉強内容は本当にたくさんあります。

少し油断しているとあっという間に歳だけ取ってしまいます。

時々「やろうと思っているけど・・・」「時間がなくて・・・」「いつか・・・」なんて言っている人がいますが、ただの言い訳です。

そういう人に限って、スマホを5分以上見ています。
Lineに時間を費やしています。ゲームをしています。

私はLineもSNSもやっていません。

本を読んで、学んだことをノートに書いて、こうしてブログとしてアウトプットしています。

ブログは1記事に15分程度と決めています。

これでも勉強する時間が足りません。
なので、コレを書くのに今日は朝の3時半に起きて書いています。

変わってる?
そんな変わり者の看護師もいるという事です(笑)

一緒に頑張りましょう!